ロゴだくからのお知らせ

知って得するフォント選びのコツ!!

みなさん、こんにちは。
ロゴだくを運営&ロゴデザインをしている
スズキデザイン事務所 鈴木 強です。←facebook

お店などをオープンして、まず必要なものと言ったら
ホームページ、名刺、ショップカード、フライヤーなど・・・

商品を仕入れたり、自社で開発して販売するのでしたら
パッケージが必要になります。

例えば、コスメ・化粧品などはコンビニでお手軽に買えるものから
百貨店の1階のコスメ・コーナで販売している高級化粧品まで、多くの価格帯があります。

なぜ、数万円もする高級化粧品を納得して購入するのか?
成分がお肌に良いのは当たり前ですよね。
企業イメージも大切です。

化粧品といえば、ボトルの形状のデザインは大切。
商品名やロゴタイプをどうするかも重要です。
売り方のプロモーションなどは、ひとまず置いておきます・・・
ここでは、デザイン面のお話をします。

化粧品のパッケージを作ってみました。
要素は少なく、比較しやすいように。

1と2の化粧品は、どちらが高そうに見えますか?

因みに、どちらのフォントも好きです。

1の化粧品の方が高く見えるハズです。

2の化粧品を否定はしていません。

コンビニやドラックストアなどで手頃な価格で販売するのでしたら
2の化粧品の方が売れると思いますし、お客様のニーズに合っています。

1のフォントはフォーマルはイメージ
フォントの形状に緊張感があり、シャープな心象を与えます。

2はカジュアルなイメージ
フォントの形状がやわらかく、軽快で若々しい印象です。

そもそも1と2はフォントの開発コンセプトが両極端なんです。

このように、デザイナーはシチュエーションで
常にフォントの選択をしています。
フォントがヒトに与える印象はとても大きいです。

そんな大切なフォントの選択を間違えたら・・・
高く売れる商品も売れません。
ここは信頼できるデザイナーに任せるのが一番です。

化粧品のフォントの使い方は、ほんの一例です。
他にも様々なパターンがありますので、またの機会に紹介していきます。

会社、お店のロゴタイプも同じこと言えます。

高額な商品や高額なサービスを提供する会社やお店なのに
ロゴタイプの方向性を間違えたら大変です。
商品やサービスも思ったように売れず、会社の信用にも関わります。

ロゴだくではフォントやデザインの知識や経験が豊かなデザイナーが
ロゴデザイナーとしてロゴを作成していますので、ご安心くだい。

ロゴだくでは実際にロゴを見て、気に入ったロゴを購入していただけます。
すべて1点物のオリジナル。売切ロゴです。

ロゴタイプの作成やセレクトはお任せください。

しかも「1点物のロゴ」の色や組合せをアレンジするのが得意なロゴだく。

気に入ったロゴがない場合でもお気軽にご相談ください。
直接デザイナーがお悩みにお応えします。

ロゴをお探しの方、これから起業される方。
ロゴデザイン・ロゴ作成をお考えのお客様やロゴの商標登録など
メール相談を受付中!ロゴだくまで、お気軽にお問い合わせください。

  • Pocket
  • LINEで送る

ロゴのご購入の手順

ロゴ選びから、納品完了まで、以下の手順に沿って進めさせていただきます。詳しくは「ロゴマークご購入の手順」ページをご覧ください。

閲覧履歴