ロゴだく編集部ブログ

業種別ロゴデザインの考え方・特徴について!ブランディングに重要なポイントとは?

こんにちは、ロゴだく編集部です。

ロゴデザインでは、ロゴマークやタイポグラフィにばかり注意が行きがちですが、実は色の重要性を知っていますか?

ロゴデザインももちろん大事ですが、それを十分に発揮するためにはカラー選びが大きなポイントになります。

ここでは、業種別ロゴデザインの考え方や特徴についてポイントをお伝えします。

主に使用されているカラーイメージの違いについて

ロゴデザインもさることながら色認識も重要なポイント
私達の視覚と言うのは、目から入る視覚情報の内役80%以上が色彩情報であることを知っていますか?この色彩が私達に与える影響は想像以上に大きく、カラー選択方次第で好印象にも悪印象にもなりうるものになります。要するに、多くの物事と言うのはカラーイメーで記憶されていると言えるのです。ロゴデザインの話に戻りますが、ロゴデザインには凝ったデザインが沢山ありますよね。しかし、ロゴデザインをユーザーが記憶としてハッキリ覚えていることは稀ではないでしょうか。むしろ、ロゴイメージの認識には、色が大いに役立っていると言えます。では、主にロゴで使用されているカラーイメージの違いについて具体的に見ていきましょう。

主に使用されているカラーイメージ

視覚的訴求力のある
赤は、視覚的訴求力が一番強いカラーです。なので、人に与える印象も鮮烈で、パワーを表す商品やセール広告などによく使用されます。また、黄は、視覚的訴求力が強いカラーです。特に、黄と黒の組み合わせは目立ち、道路標識、工事現場、踏切などに使用されていますよね。また、明るく希望のあるカラーなので、活動的なイメージを与えることができます。

爽やかで落ち着きのある
青は、鎮静効果や開放感のあるカラーです。爽やか、クリーン、安心感、落ち着き、このようなイメージを周りに与えることから、世界的にもロゴカラーで使用される機会が多い色になっています。また、緑は、どの色にも調和して安心感や安らぎを与える癒しカラーです。薬局、衛生商品の取り扱い企業、マッサージ店など、安らぐイメージのシーンでよく使用されます。

万能カラーオレンジ
オレンジは、温かく陽気なイメージを与え、ビタミンカラーとも言われています。汎用性が高く、万人受けするカラーです。人との繋がりを重視したサービス提供企業で使われる機会が多いです。また、白は、柔軟性が高くどんな色にも合わせられるカラーです。清廉なイメージがあるので、企業ロゴにも人気のあるカラーです。

大人感や高級感のある・黒・グレー
紫は、高貴で神秘的なイメージを与えます。なので、化粧品、ファッション、デザイン、音楽、演劇など、美容・芸術系企業で使用されることが多いです。一方、黒は、威厳、強さ、重厚さを感じさせ、落ち着きや高級感を演出することができます。また、グレーは、上品で落ち着いたイメージを与えます。なので、教育系、士業系企業、高額商品のロゴなどに使用されています。

業種別ロゴデザインの考え方について

飲食業界
飲食業界では、食に関わる色がよく使用されています。食欲をそそる色であったり、料理ジャンルが分かる色であったり、色使いに工夫することが大切です。食欲をそそる色と言うと暖色系になるので、赤、オレンジ、黄色など訴求力のあるカラーがよく使用されます。また、例えば、お店がイタリアンであれば緑・赤・白の組み合わせ、和食であれば黒・緑、中華であれば赤・黄などが挙げられます。見た人が美味しそうと感じる以外に、色の組み合わせでイメージさせることもできます。提供される料理のジャンルと言うのは、お客様にとっても入店するか否かの判断材料に大きく影響するものです。どんなお店であるかが視覚的に分かることで、集客チャンスをしっかり掴むことに繋がります。なので、飲食業界でロゴデザインを考える際には、ロゴに使用する色によって何料理店であるか分かるデザインしておくことは、効果的な集客手法の一つになります。
飲食・食品のロゴ一覧はこちらから

医療業界
医療業界では、温かみを与えるカラーの暖色系、清潔感や落ち着きを与えるカラー寒色系、どちらも同じ位ロゴカラーに使用されています。どちらの色のイメージも、医療業界ではターゲットに向けて与えたい大切なイメージです。また、暖色系と寒色系で双方の色に共通して言えることは、どちらもパステルカラーで使用していることが多い点です。パステルカラーは、通常の色に比べて淡く優しい印象になりますよね。なので、医療機関のイメージにピッタリと合い、患者さんを優しく迎えることができます。他にも、産婦人科の場合であれば女性がターゲットになるので、ピンクカラーをロゴに使用している所は多くです。医療業界でも、歯科、内科、外科など管轄しているジャンルも違います。なので、ジャンルに関しても考慮することも忘れないようにしましょう。
医療・医院のロゴ一覧はこちらから

美容業界
美容業界では、ターゲット層が男性であるのか女性であるのかによって、使用したい色と言うのは変わってきますよね。ターゲットが男性でれば茶や黒と言った大人なダークカラー、女性であればピンクや白と言った女性らしさや清潔感のあるカラー、このようにターゲットによってカラーコンセプトは違います。また、男女問わずに高級感を出したいと言う場合には、高級感のある黒や金が使用されています。美容業界と言うのは、美や癒しを求める場所であるので、来店したお客様にとって居心地の良い空間を提供することも、忘れてはいけないポイントです。なので、そのようなことも考慮しながら、ロゴデザインやカラーを考えていきましょう。
美容 ・健康のロゴ一覧はこちらから

IT企業
IT企業では、ロゴデザインのカラーには寒色系が使用されています。やはり、IT業界は先進的なイメージが強いですよね。そこで、ロゴにはスタイリッシュ感やシャープさと言った印象を与えたいと思う企業の方は多いです。こうしたイメージを作るには寒色系が最適で、より先進的イメージを持たせる為にグラデーションを使用する所も多く見られます。しかし、グラデーションは一歩間違えると時代遅れ印象を持たれることもあるので、マイナスイメージにならないように配色するのがポイントです。グラデーションを使用する意味には色の変化を見せる意図があり、IT企業と言うのは流行の最先端技術を常に取り入れている業界なので、常に変化して進化していると言う意味があります。単なる色選びでは無く、色の使い方によってもブランドイメージを表現する手段になります。
IT・電気・通信のロゴ一覧はこちらから

まとめ

ここでは、業種別ロゴデザインの考え方や特徴についてポイントを、ロゴのカラー選びと共にお伝えしてきましたが、いかがでしたか?良質なロゴを作ることによって、会社や企業のイメージアップに繫がることがお分かり頂けたかと思います。是非、ロゴを作る際にはここでのポイントを参考にしながら、魅力的で素敵なロゴを作りましょう。


ロゴだくサイトに掲載中のロゴの料金について
お支払いについて
ロゴの購入手順はこちらから
デザインのアレンジについて
納品データについて
『特注ロゴ』120,000円(税別)〜 について
商標登録と著作権について
よくある質問はこちら

  • Pocket
  • LINEで送る

ロゴのご購入の手順

ロゴ選びから、納品完了まで、以下の手順に沿って進めさせていただきます。詳しくは「ロゴマークご購入の手順」ページをご覧ください。

閲覧履歴