ロゴだく編集部ブログ

今さら聞けない企業名の由来【ロゴだく】

 

こんにちは、ロゴだくロゴデザイナー鈴木(ロゴだく編集部兼任)です。

そういえば、「この企業名の由来は何だろう」と思うことはないですか?
私はロゴデザイナーという職業柄、お客さまから
「こんなイメージのシンボルで社名(企業名)はこれでお願いします。他にも色々聞きますが…」といわれると
個人経営や中小企業などは、姓名(お名前)と業種のイメージを組み合わせて
社名にしている方が多いですし、ユニークな社名もあります。
そこで必ず聞くのが社名の由来
なぜ、その社名に決めたのかです。

 

その中から
今回は「今さら聞けない企業名の由来」です。

 

企業名:その1/電通

日本ではダントツ1位、広告代理店のトップ企業で世界では5位です。1901年、創業者 光永 星郎 氏は「日本広告」を設立。その後通信社「電報通信社」も設けることになりました。1955年に両社が合併して「日本電報通信社」となりましたが、その後広告のみを専門とする会社となりました。昭和30年に社名を「電通」としました。私はいまだに、古いロゴの方が馴染みがありますが、2001年にシンプルなロゴに変更されました。

 

企業名:その2/アップル(Apple)社

アップル(Apple)社のりんごのマークは、ニュートンが林檎の木の下で万有引力の法則を発見したところからきています。りんごがかじられたような形になっているのは、聖書の『アダムとイブ』の禁じられた果実リンゴのことだったり、パソコンの容量を表す単位のバイト(byte)が、英語の他の意味ではかじる(bite)になっていて、これと引っ掛けたと言われていますが、ロゴをデザインしたロブ・ジャノフ(Rob Janoff)氏は上記を否定しており、単純に“さくらんぼ”と見間違がわないようにという説もあります。創業当初は「Apple Computer」という企業名で、どうやら、電話帳の初めのほうに乗るから、この名前にしたそうです。モチーフとなっているりんごの品種はマッキントッシュ。アップル社の昔のパソコンの愛称もマッキントッシュ(Macintosh)でした。本当はりんごの品種の英語名の”McIntosh”と名前を付けたかったのですが、既にこのりんごと同名のオーディオ製品メーカーMcIntosh Laboratory,Inc.が、この名前を使用していたので、Mとcの間に「a」を入れてマッキントッシュ”Macintosh”として採用しました。今ではMacの方が断然しっくり来ますね。シンボルマークは途中カラフルなリンゴマークもありましたが、2014年にモノクロのシンボルマークに統一されています。

 

企業名:その3/BANDAI(バンダイ)

たまごっちとガンダムのプラモデル(ガンプラ)で有名な企業です。バンダイの由来は「いつの世も人の心を満たすおもちゃを提供し、やむことのない企業の発展を願う」という思いを込めて、「萬代不易」の漢字をそのまま採用。1950年7月に創業者の山科直治が「萬代屋」を創設したのが始まりです。旧ロゴは萬代と万歳を掛けたシンボル。私はファーストガンダム世代なので、旧バンダイ(万歳)ロゴを見ているはずが記憶に無いです。子ども当時はガンダムのプラモデルの争奪戦でしたから、ロゴを見ている余裕がなかったのかもしれません。2005年に現在のロゴになっています。ロゴをデザインしたのは大御所のグラフィックデザイナーの 松永 真 氏です。

 

企業名:その4/YKK株式会社

みんさんが ご存知の世界で圧倒的なシェアを誇るファスナーメーカーです。1934年、創業者吉田忠雄は、「サンエス商会」を設けてファスナー作りを開始しました。しかし戦災で工場が焼けてしまい、故郷富山県に戻った創業者の吉田忠雄が、社名を「吉田工業株式会社」と変えました。その英文社名の「Yoshida Kogyo Kabushikikaisha」の頭文字をそれぞれとって、自社のファスナーの商標名としたのが「YKK」の呼び名のはじまりです。意外と思われかもしれませんが、世界的に「YKK」が浸透して、1994年には社名になりました。それまでは、ただの呼び名だったんですね!? 現在では、ファスナー以外にも建材、工機事業を幅広く展開しています。その前はロゴというか記号?ですかね。1994年から世界で統一して使用されています。

 

企業名:その5/リョービ

1943年創業時の「株式会社菱備製作所」が前身の会社です。創業地である広島県府中市の周辺は「備後」と呼ばれ、隣接地の「備中」と合わせて「両備(りょうび)」と呼ばれていました。1973年、一般にわかりやすく覚えてもらいやすい社名ということで、現在の「リョービ株式会社」になりました。リョービはダイカストのトップメーカーです。ダイカストとは金型鋳造法のひとつで、金型に溶融した金属を圧入することにより、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量生産する鋳造方式のことです。1994年に現在ロゴマークになりました。

 

調べてみるとおもしろい!
他にも企業名の由来がユニークなものも数多くあります。
また、いつか紹介したいと思いますね。

 

今回は「今さら聞けない企業名の由来」でした!

 

↓ロゴだくではアルファベット検索の他に「イメージ」「業種」からも検索ができます!

ロゴ選びに迷ったら?

無料のロゴのデザイナーズセレクトをご利用ください。

“ロゴのデザイナーズセレクト”について書いています。
↓ 詳しくはバナーをクリックしてください。

ロゴだくサイトに掲載中のロゴの料金について

お支払いについて

ロゴの購入手順はこちらから

デザインのアレンジについて

納品データについて

『特注ロゴ』120,000円(税別)〜 について 

商標登録と著作権について

よくある質問はこちら

  • Pocket
  • LINEで送る

ロゴのご購入の手順

ロゴ選びから、納品完了まで、以下の手順に沿って進めさせていただきます。詳しくは「ロゴマークご購入の手順」ページをご覧ください。

閲覧履歴